雪の多い寒冷地での自動車の運転方法

###Site Name###

雪の多い寒冷地では、特殊な自動車の運転方法が行われています。
まず、朝に会社に出勤をする場合では、身支度をしてから早目に自動車のエンジンを始動しておきます。
いわゆる暖機運転とも呼ばれる行動ですが、現在の自動車は性能が良いために、暖機運転は必要が無いという意見もあります。
しかし、自動車のフロントガラスなどには、付着した雪などが氷になってしまい、ワイパーなどが窓ガラスに凍り付いてしまっていることが多々あります。

そのため暖機運転中に窓に温風を当てておき、氷を溶かす必要があります。


また、自動車が暖まるまではエンジンの回転数が高いために、そのまま走行させた場合では、高い回転数によってブレーキを踏んでも自動車が前に走行する力が増してしまうので、安全面を考慮してなるべく暖機運転をさせておくことが必要になります。

雪道の走行では、車間距離を十分に空けることが何より重要です。夏場の路面が出ている状態とはかなり条件が異なるもので、常に前方の自動車を注視することが必要で、いつでも安全に止まることができるように運転することが求められます。また、路面状況としては、新雪が降っている状況では比較的運転はし易い傾向にありますが、ブラックアイスバーンと呼ばれている、アスファルトが見えていますが、表面に氷がある路面の場合では、かなりの注意が必要で、前方の信号が赤色の場合では、早い段階でスピードを落としておき、安全に停車できるように心掛けることが必要になります。急な坂道の場合では、ロードヒーティングを設置しており、常に路面が出ている状態の道路があります。このケースでは夏場と同様に問題はありませんが、交通量の少ない道路などでは、坂道であってもロードヒーティングが設置されていない場合が多々あります。
四輪駆動車以外の自動車では、坂道の途中で停まってしまうと、タイヤが空転してしまい、発車できないことも珍しいことではありません。


その対策としては、前方の信号が赤信号の場合などでは、青信号に変わるタイミングを予測して、かなりの低速で走行し、自動車を停車させないような運転をする場合も多くあり、寒冷地では特殊な運転方法が行われています。


http://www.taxi-tokyo.or.jp/
http://www.japantaxi.jp/
http://www.ohmitetudo.co.jp/taxi/

英会話が気になる方はこちらへご来訪下さい。